アリスイ(蟻吸)

 地上や朽ち木などでアリ類を食べるらしい。焦げ茶色で、目立たないが、飛ぶので見つけることが出来る。キツツキの類だが、キツツキのイメージではない。
 手賀沼では、最近たまに見る。うまく見つければ、比較的低い木の枝に留まるので、近くから写真が撮れることもある。


目が小さくて、よく見えない。



じっとして気に留まっているとわかりにくいが、注意していると見つけることが出来る。


アップ。目が小さい。


下にいるときは蛇に似ていると行っていた人がいたが。


腹は薄い色をしている。


結構複雑な模様をしている。


2014.3 作成