雲の切れ間に一瞬朝日

 11月中旬、日の出前に沼へ。この日は、一部を除きほぼ全天が薄い雲。朝日は見えなかったが、そのうち、ほんの一瞬雲間から朝日が顔を出す。だがすぐにまた雲に隠れ、あたりは元の薄暗い朝。


夜明け前。空は雲に覆われているので、普段より一段と暗い。


カンムリカイツブリが1羽。今年はカンムリカイツブリが多いように思う。


カルガモの群れ。よく見る。


晴れていれば、ここに朝日が見えるはず。


そのうち、雲のわずかな隙間から朝日が見えた。


アオサギがゆったりと飛ぶ。


すぐに朝日は見えなく名手、元の薄暗い沼に。


情報には、一部雲が切れている部分が当て、そこからは、青空が見える。日もだいぶ上がって来たのだろう。


岸辺の葦が枯れ始めている。


何でもない風景だが、つい撮ってしまう。


遠くにカルガモの群れ。


これもカルガモ。


遠くは薄暗く霞んで見える。


水に映るガマ。


ユリカモメが飛ぶ。

2010.11 作成