コブハクチョウ生まれて3日?

 5月上旬、ひどり橋に行ってみると、コブハクチョウの夫婦が、3羽の雛を連れている。生まれたばかり、たぶん3日目ぐらいではないか。それでも泳ぎが上手で、活発に動き回り、かなり遠いところまで移動出来ている。ともかく可愛い。


3羽生まれた。普通数羽生まれるが、やや少ない。兄弟仲良く。


両親が見守る。


ここから100メートルほど下流に巣があるので、そこで生まれたのだろう。


夜話会産毛で覆われている。足を器用に使って、泳ぎは生まれながらに得意。


水かきの着いた足で水を蹴って、結構速く泳げる。


岸の草を食べている。柔らかい草を水面に落として、子に与えることもある。


男の子が近寄ってきたので、威嚇している。


やや遠出。生まれたばかりで、もう羽ばたいている。


母親の後をいつもついて行く。3羽そろって。


両親の間で。

2009.2 作成