サギのいる夕景

 11月のはじめ、夕方に曙橋のところに行くと、いつものようにダイサギが四角い網にいる小魚を捕っている。そのうちに、夕日が落ちていき、富士山も見えた。珍しく、ゴイサギが何羽も出てきた。


日が傾き、網が夕日を浴びる。


ダイサギが小魚を捕まえた。次々と何匹も捕まえて、夕食にしているのだろう。


水面の夕日が映る。


夕日が、半分ほど隠れた。この日は水生線まで雲がなく、こんな状況でも日差しが強い。


富士山が見える。電線がなければいいのに。夕日は、これより右の方に沈んでいる。あと何日か経つと、富士山のそばに夕日が沈むようになるだろう。


ゴイサギ。左は幼鳥。こんなところに留まっているのは珍しいように思う。


夕暮れの中をゴイサギが飛ぶ。


これもゴイサギ。もう陽は落ちて、だいぶ暗くなってきた。

2008.11 作成