蓮の葉が枯れ始める

 10月の中旬、沼に行った。蓮の群生地に近づくと、一面茶色に、葉が枯れ始めているのが見えた。天気のいい日だったので、結構人もいる。


一面葉が枯れている。よく見ると、遠くの方にはまだ青い葉が残っている。


季節柄、人もきている。


遊歩道を歩く人もちらほら。


葉が枯れて、垂れ下がって、おもしろい形になっている。


枯れた葉。茎も枯れて、枯れ葉の重さに耐えきれず、垂れ下がる。


枯れ葉に中に、たまにまだわずかに緑を残す葉も。


外側から枯れるようだ。枯れる途中の葉は、模様がおもしろい。


近寄った。


複雑な模様が出来ている。


陸側から枯れていくようで、沼の中央近くには、まだ緑の葉がだいぶ残っている。


枯れ葉が点々と。繰り返し模様のように見える。


この季節、沼の水位が下がっているので、蓮のあるあたりは大部分干上がっているが、ここはまだわずかに水がある。


水面に映る。


遠くに手賀大橋。秋になって、やっと空気が澄んできた。遠くまではっきりと写る。


ダイサギ。蓮の群生地の縁のところ。まだ葉が青い。


葦が枯れている。葦は、普通まだ枯れていないが、ここだけはなぜか毎年早く枯れる。


青い葉。凹凸がおもしろい。

2008.10 作成