トンボのいる夕暮れ

 9月中旬、雲の多い夕暮れ。季節柄トンボがたくさんいて、枯れ葦の先によく留まっていた。


夕日とトンボ。まだ日が出ていたが、落ちていくに従って雲が厚く、そのうち雲に隠れてしまった。


陽は雲に隠れてしまった。


雲の夕焼けを背景にして、トンボ。


だんだん暗くなる。


岸のキクイモ。


ここだけ雲が薄かったようで、突然陽が顔を現す。


ねぐらに帰るのか、これはたぶんチュウサギ。


岸にあるしだれ柳。


夕焼けばかりに気を取られていたが、振り向けば月が出ている。


ほぼ満月。

2008.9 作成