朝早く沼に行くと、草の葉に一面露が降りていることがある。日が昇れば消えてしまい、ひとときの命だが。


草の葉に一面露。


11月のもう寒い頃、朝日で光っている。


9月の早朝。葦の葉に玉のような露がびっしり。




草も稲も、露が降りて朝日を浴びる。


丸い露。



朝日を浴びた露の玉が光って、それをピントをはずして撮るとこうなる。


葛の葉にも。

2008.6 作成