小道

 沼の縁や、大津川の堤防上などに、人が通だけの小さな道がある。だいたいは草に覆われていて、草に埋まってしまっていることもある。何となく野の雰囲気がして、それが好きだ。


大津川の堤防上の道。草の穂が道を隠す。


これも大津川の堤防上の道。こんな道がずっと続く。


これも同じ。夏になって、人が歩く部分を中心に草刈りが行われたようだ。左右には草が高く茂っている。


これも同じ。ここは歩く人が多いためか、土が露出している。


両側はススキの穂。


沼の堤防上の道に上っていく小道。手前に下りていくと田圃の中の道になる。この道はたまには車が通るのだろうか。2本の轍か。


大津川の堤防上の道から、堤防を下って河川敷に至る坂道。釣り人が通る。


堤防の下から大津川へ延びる小道。この先に釣り台があるのかも。


沼の岸の田圃の間の小道。ジシバリが黄色の花をつける。

2008.6 作成