手賀沼ふれあいウオーク

 11月下旬の日曜日、手賀大橋のたもとの道の駅のところに人だかりが出来ている。この日は、毎年開催されている「手賀沼ふれあいウオーク」の日だった。少し見物。

 手賀沼ふれあいウオークは、柏市と我孫子市が共催し、手賀沼の貴重な自然を楽しみながら市民の健康づくりを推進しようということで始められたもの。3つの会場(柏第一:柏ふるさと公園、柏第二:みちの駅しょうなん、我孫子:手賀沼公園)をスタート・ゴール拠点として、参加者がそれぞれのペースで完走を目指す。この日は、約3千人の人々が参加したという。


みちの駅沼南の手賀大橋のたもとでは、ここからスタートする前に、音楽の演奏。雰囲気を盛り上げる。


コースに別れて、遊歩道を水門方向に順次出発。


コースに別れているので、看板も出来ている。
20kmコースは手賀沼を左まわりで一周するようだ。


ここからスタート。手賀大橋の下を通って、遊歩道を進む。


そのうち、柏ふるさと公園からの参加者が来る。こちらの方がずっと人が多い。


天気にも恵まれ、気持ちよさそう。


団体さんも。


参加者も多く、それぞれのペースで。通り過ぎるまでに結構な時間がかかった。

2007.1 作成