鉄塔

1 ページ(全 2 ページ)

PREV 1 2 NEXT

 手賀沼に大津川や大堀川が注ぐあたりには、高圧線の鉄塔が多くそそり立つ。景観を害しているようでもあり、変化を与えているようでもあり・・・。


大堀川河口付近、ひどり橋の近く、赤と白に塗り分けられたきれいな鉄塔がある。雲と高さを競う。


複雑な構造をしている。


冬、枯れた葦原の上を電線が渡る。どこまで行くのか。


夏の大津川。


北千葉導水のビジターセンター近く。導水路の上の草刈り作業中。見上げれば鉄塔が点々と続く。


夕暮れ。まだ日は写真より上にある。それが湖面に反射している。


夕日と重ねて。


もう少し経って、夕日が少し落ちた。


11月の朝6時半頃。雲が多く朝焼けの中。


これも11月の朝。だいぶ明けてきた。


これも11月の朝。日が昇る。


5月。ぐんぐん伸びる葦の上を送電線が通る。

PREV 1 2 NEXT