ヒバリ(雲雀)

 どこにでもいる鳥で、手賀沼の周囲の畑などにもいる。高く飛んで、とぎれることなく鳴いている。最近は、以前よりだいぶ少なくなってしまったとの話を聞いたが。


 芝生で、餌を採っているのだろう。頭の羽を立てているが、たぶんこれは雄。



これも頭の羽を立てている。


空にいるときばかりでなく、降りてきても鳴いている。近寄るとかなりの大きさの声。


木に留まって、大きな声で鳴いている。


青空に飛び上がって、泣き続ける。そのうちに、急降下して、地上に降りる。


これは上昇中かも知れない。


高い空で鳴いている。

2006.10 作成