コウゾリナ(顔剃菜)

 茎、葉、萼などに褐色の固い毛が生えていて、カオソリナとかカミソリナと呼ばれていたのが 、転じてコウゾリナになったそうだ。我孫子側の遊歩道の脇に群生していた。


花自体は、黄色でタンポポに似た形。茎などはタンポポとはだいぶ違う。


びっしり生えて、花が咲いている。



遠く沼には船が浮かんでいる。

2006.8 作成