キショウブ(黄菖蒲)

 ヨーロッパ原産だが、明治時代に日本に入り、今では各地の水辺に自生のように生えている。花の色が黄色いのでわかりやすい。
 手賀沼では、岸近くに自生しているものが見られ、また植えられたように見える群生しているものもある。緑の中に黄色が鮮やかだ。


岸辺に咲く。沼を背景に咲いているところを撮影。天気がいいと花が明るすぎてしまうが、これは曇りの日か。


色鮮やかで、形もきれいな花。



一列に多数咲いている。たぶん植えられたものでは。


こんな感じで、岸近くに咲いていることが多い。どこにもあるというほど多くはないが。


2006.8 作成