1 ページ(全 5 ページ)

PREV 1 2 3 4 5 NEXT

 2006年1月下旬、雪が降り、かなり積もった。その次の日は天気が良く、朝から大津川、手賀沼のあたりを歩いた。普段とは違って雪景色。よく見ればあちこちに新鮮さが。その時の写真です。


大津川沿いの田圃。一面雪が積もり、天気がいい。


スズメは朝から元気だ。雪の日は餌を探すのが大変だろう。


大津川。風もなく静か。


カルガモは、雪でも変わりがない。水に空と向こう岸の雪が映っている。


カルガモが飛びたった。


真っ青な空、真っ白なコサギ。コサギはいつも真っ白だが、冬でなければ空はこんなに青くない。


大津川の堤防の上の道。朝9時過ぎだが、すでに歩いた人がかなりいるようだ。


大津川沿いの田圃。稲刈りの後に自然に稲が生えるが、そこに雪が積もって、でこぼこになっている。模様が面白い。

PREV 1 2 3 4 5 NEXT