沼は広いが、空はもっと広い。空があって、雲があるだけだが、時によって様々な表情を見せる。



葦原、沼、空。手賀沼のごく普通の風景だが。


葦に穂が出て。



夕焼け。この日は雲が多かった。


水に映る雲。上下逆さま。



6月はじめ。蓮の芽が出てきた。


夏空。入道雲が成長し始めた。


9月。澄んだ空に浮かぶ雲多数。


10月の早朝。雲の間から青空がわずかにのぞく。



11月の早朝。水平線上に雲の層。朝日が雲にまだ隠れている。


2006.5 作成、2008.5 追加