カンザン(関山)

1 ページ(全 2 ページ)

PREV 1 2 NEXT

 カンザン(関山)は、代表的な八重桜。濃紅紫色の八重の大きな桜で、たくさんの花がついて、鮮やかだ。花の塩漬けは桜湯として用いられる。

 大堀川の河口近く、左岸の堤防から150mほどのところに、立派なカンザンが咲いていた。近くまで行ってみた。多少雨が降っていたが、満開だ。


かなりの大木だ。カンザンは、大きくなると枝が垂れ下がってくる。


花付きがよい。花期も長い。


近づくと、きれいな花だ。


背景の青く見えるのは、大津川の堤防上にある水門。


PREV 1 2 NEXT