カンムリカイツブリ(冠鳰)

 カイツブリよりだいぶ大きく、首が長く、頭に冠をかぶっているように見える。潜って魚を捕るのはカイツブリと同様。
 手賀沼には、冬場にたまにいる。普通、沼の中央部にいて、岸近くに来るのは珍しい。


たまたま、岸近くに来たので、大きく撮れた。冠がよく見える。目がずいぶん小さい。


これも同じ時に撮ったもの。


これは、模様が違っている。なぜなのか?2月だったが。


沼の中心部にいる。コガモの群れと一緒に。


これも沼の中央部。2羽が向き合ったところ。


夕日の中を泳ぐ。シルエットしか見えないが、形から、たぶんカンムリカイツブリだろう。


沼の中央あたりにいることが多い。点のように見える。


夜は、岸で過ごすのかもしれない。あさはやくは、岸近くにいることがある。


水中に飛び込む瞬間。潜って魚を捕る。


くちばしがピンクで、目が赤っぽい。


泳いだ跡に、筋が二つ。風のない日に。


風があって、波立っていても、漁はする。


夕暮れ時、群れている。遊んでいるようにも見える。


たまには魚を捕る。こちらに気づき、逃げる体勢に。

2006.4 作成、2009.1 追加