ガマ(蒲)

1 ページ(全 3 ページ)

PREV 1 2 3 NEXT

 ガマは手賀沼にはどこにでも、また一年中ある。夏には、青い葉がすっと伸びて、穂が出来る。冬は、枯れて、穂は綿のようにほうける。いずれにしても、沼の景観を形作る、重要な脇役だ。


びっしりと穂が出来ている。


細い穂。これから太くなるのかも。


近くから。これも細い。


これは太い。色も違う。種類が違うのか、環境が違うのか。


風に揺れる。

PREV 1 2 3 NEXT