セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

1 ページ(全 3 ページ)

PREV 1 2 3 NEXT

 セイタカアワダチソウは、沼や大津川べりでよく見られる。外来植物で、かつてはいたるところではびこって、いやがられた。だが、最近では在来の植物とうまく共生しているようで、秋にはっきりした黄色の花をつけ、岸辺に彩りを添える。
 鮮やかな黄色もいいが、冬に枯れて実をつけるのも、よく見ると独特の趣がある。


大津川の堤防上で、あざやかな花を咲かせる。


これも大津川。水に映る。


近寄って。まだ咲き始め。


普通このように左右対称の形に開く。


満開。色も濃くなる。


草むらに、集団で。

PREV 1 2 3 NEXT