草枯れて

 冬には、沼の周りの葦や、ガマなど、草が皆枯れる。当然のことだが。枯れ草の茶色が主役になる。


茶色の枯れ草と、その向こうの青い水。ありふれた沼辺の冬景色。


冬は空気が澄んでいて、遠くの景色が近く見える。


草は枯れ、やがて倒れる。


一面葦原。


水難の供養をしたのだろうか。


名前はわからないが、蔓性の草が一面枯れている。


2月の大津川。


2月。葦の穂が風になびく。

2006.3 作成、2008.6 追加