オナガガモ(尾長鴨)

1 ページ(全 4 ページ)

PREV 1 2 3 4 NEXT

 名前の通り、尾が長い。特に、オスが冬に長くなるらしい。カルガモよりやや小さい。オスとメスで色が大きく違い、オスは派手。手賀沼には、冬場しかいない。


オス。模様がはっきりしていて、きれい。


メス。茶色で、やや地味。


オスとメス。浅瀬で。


これもオスとメス。


オスの嘴は、真ん中は黒だが、両側がやや青っぽい灰色で、はっきりと塗り分けられている。


これはエクリプス。茶色っぽいが、嘴を見るとオスであることがわかる。


メスの嘴は塗り分けられていない。


オスのアップ。目が小さいように思える。


目を閉じて眠っている。


オスの羽の模様がきれいだ。


メスのアップ。


羽に顔を埋めて休む。


正面からアップ。前を向いてくれたら良かったのに。

PREV 1 2 3 4 NEXT