水面氷結

1 ページ(全 5 ページ)

PREV 1 2 3 4 5 NEXT

 2005年12月下旬。この年は、記録的な寒さ。12月というのに、沼の水面が凍結している。朝、身を切るような寒さ。澄み切った空気。それでも水鳥は元気だ。
 年が明けて、2006年1月上旬、再び手賀沼を訪れる。最後のページに、このときの写真を加えた。


水面が凍結していて、朝日が当たる


岸辺近くの氷に朝日が輝く


薄く氷が張っていて、表面がごつごつしている


模様が出来るのは、どうしてだろうか


魚を捕るために仕掛けられた網も、薄い氷で


氷は透き通っている

PREV 1 2 3 4 5 NEXT